So-net無料ブログ作成
検索選択

佐賀県警の隠蔽 [生活/くらし]

毎日新聞 <佐賀県警>取り押さえた男性死亡 頭や顔に複数の傷

 佐賀市で9月25日夕、自転車に乗っていた知的障害者の男性が警察官に取り押さえられた末に意識を失い、急死するトラブルがあった。「自転車で道路を蛇行し、バイクに追突して暴れた」という理由で取り押さえたが、遺体には頭部や顔面などに打撲傷などが複数あった。1カ月たった今も、遺族側へは傷が生じた理由などについて詳しい説明がなされておらず、遺族や佐賀県内外の授産施設団体が県警に真相解明を求める事態になっている。

 死亡したのは、同市に住む安永健太さん(当時25歳)。県警によると、安永さんは9月25日午後6時過ぎ、1人で自転車に乗って車道を蛇行運転をしていたため、警察官2人が止めようとしたが、停車中のバイクに追突して転倒。その場でバイクをけるなどしたため、合流した警察官を含む計5人の警察官が歩道上に押さえつけ、手錠をかけた。

 その際、安永さんは意識を失って心肺停止状態になり、救命措置を受けたが、搬送先で死亡が確認された。

 現場は安永さんの自宅のすぐそば。自宅に帰る途中だったとみられる。安永さんは知的障害で言葉や耳が不自由だった。

 遺族によると、病院から戻ってきた健太さんの遺体は、目のふちが腫れ上がり、唇の右端は切れていた。鼻の頭やほほに擦り傷があったという。

 県警側はトラブルがあった直後、佐賀署員が、取り押さえた当時の様子について遺族に説明した。遺族によると、25日は「バイクをけとばして逃げたため取り押さえた」と説明を受けたが、その翌日には「逃げていなかった」と説明が変わったという。

 死因などについての詳しい説明はまだ行われておらず、遺族は「自転車で転んだだけであんな顔になるなんて、ふに落ちない。命を落とすような行為が果たして『保護』と言えるのか。真相が知りたい」と話している。

 佐賀署幹部は「司法解剖の詳しい結果が出ないと答えようがない。だが、現場の警察官は安永さんを殴ったりはしていない。すべて妥当な行為だった。説明が変わったと言われている点については、まだ現場の状況が十分に把握できていなかった段階だったためで、説明が変わったわけではない」と話している。

 一方、知的障害者らが通う授産施設でつくる佐賀県授産施設協議会などは今月19日と26日に、「今回のケースは他人ごとでない」として、県警に真相解明と障害者への理解を深めるよう申し入れた。【高芝菜穂子】

時事通信 暴れた男性取り押さえ意識不明に=警官9人書類送検-高知県警

 保護した男性が暴れるのを押さえ付けた際に意識不明にしたとして、高知県警は29日、香南署の刑事生活安全課長(50)ら署員9人を業務上過失傷害容疑で書類送検するとともに、所属長訓戒などの処分とした。  県警監察課の調べによると、9人は5月29日午前8時半すぎ、保護した50代の無職男性が同署取調室で暴れ出したことからあおむけに床に押さえ付け、舌をかみ切るのを防ぐためタオルを口の中に押し込み、低酸素性脳症による意識不明にした疑い。  押さえ付けて約15分後、男性の顔色が青ざめ、呼吸が弱くなったため消防に通報。救急隊が着いた時には既に意識がなかった。男性は現在も意識が戻らず入院中という。

非常にわかりやすく2つのニュース記事を並べました。これだけでこの記事の意図はご理解頂けることと思います。

それにしても佐賀県警の隠蔽体質がますます浮き彫りになっていると思います。この事件の第一報ニュース記事を本ブログにて 隠蔽を許してはならない と題して取り上げました。
この時のニュース記事には被害者の外傷の様子も一切報道されておらず、マスコミ向けの警察発表で都合の悪い事実がかなり隠蔽されていたことが明らかです。
事件から1ヵ月も経ってまだ司法解剖の結果が出ていないなどと不自然かつ苦しい言い訳をしています。

同じ不祥事を為しても、高知県警のようにすぐに警官の不法行為を認め、処分・発表したのと極めて対照的です。同じ不祥事でも爾後の県警に対する信頼失墜の程度は天と地ほどの差があるのは間違いないでしょう。

この期に及んで未だに「すべて妥当な行為だった」などと言い張る県警にいくら真相解明を要求しても無理です。こういう時には検察にきちんと動いて欲しいものです。検察が警察と同じ穴のムジナであれば無理な期待ではありますが。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 6

あめ♪2006.0902

あめ♪です☆
お久しぶりです♪わたしも2つめのblogを解説しました☆良ければコメ記入してね☆
by あめ♪2006.0902 (2007-10-30 01:09) 

majubijou

佐賀県警と聞くと
どきっとしてしまいました 笑
有名になれば悪いこともいいことも
すぐ世間にしられてしまうんだなって

小さい頃から住んでいた住民の
本音です。

障害者が見た目なので気づかない場合、
警察側はやはり暴力的に収めてしまうのでしょうか
障害者だと少々暴れてしまう場合もありますし、
でも、円滑に暴力もなくできればいいんですけどね。。
by majubijou (2007-10-30 07:29) 

筍ENT

あめさん、ご訪問ありがとうございます。宜しかったら引き続き拙ブログの記事にもご意見お願い致します。

majubijouさん、佐賀でしたか。佐賀が良い悪いというのではなく、こうした警察の身柄確保に伴って、不本意な結果を招くこともあるかとは思いますが、問題はその後ですね。
高知のように(おそらく)正直に経緯を公開し、必要なら警察官に処分を下す姿勢が望まれます。一方の佐賀県警の今回のコメントは、隠蔽・身内庇いを強く印象づけます。
唯一拳銃を所持し、国民の身柄を拘束することができる特殊公務員であればこそ、自らのエラーは正直に公開し、信頼を維持してもらいたいと考えている次第です。
by 筍ENT (2007-10-30 20:56) 

弥々

今後も、この事件のことを、取り上げて頂きたいと思いまする
by 弥々 (2007-11-08 23:33) 

弥々

あっ、途中で書き込んじまいましたぁ(すんまへん)
友人に、こちらの記事を教えて頂き・・・
それで、誠に勝手ながら、こちらの記事を
吾のブログにリンクして紹介させて頂きました
多くの方に、事実を知って頂きたい!
突然、失礼いたしました
by 弥々 (2007-11-08 23:35) 

筍ENT

弥々さん、ご訪問ありがとうございました。私もニュースソースはオンライン記事だけなので、もし情報があったら私にも分けて頂ければと思います。

早速訪問してみます。
by 筍ENT (2007-11-09 12:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。