So-net無料ブログ作成
検索選択

敗者への思いやりの欠如 [生活/くらし]

東京新聞【私説・論説室から】 ガッツポーズが多すぎる

 勝ち誇るのを見せつけられるというのは、あまり気分のいいものではない。スポーツでいえば、ガッツポーズのはんらんである。

 たとえば高校野球だ。塁に出ればガッツポーズ。ホームに帰ればガッツポーズ。喜びの素直な表れなのかもしれないが、年若い少年たちとはいえ、高いレベルにいる競技者がちょっとのことにも大げさなしぐさを連発するのは、いささか見苦しい。指導者たちはそれをよしとしているのだろうか。

 スポーツの勝負にはそれなりの礼節が欠かせない。相手のことを思いやり、尊重する気持ちがなければ、白熱の戦いもただの争いごとになってしまう。だが、お互いにこぶしをふりかざして勝ち誇ってばかりいるようでは、そんな気持ちも生まれないだろう。

 そうした傾向は広がりつつある。礼を重んじているはずの柔道でも、模範となるべき日本のトップ選手たちが、派手に腕を突き上げたりしている。また、それをいさめる様子もないようなのはどうしたことか。

 勝っても負けても、試合が終われば淡々と結果を受け入れ、あいさつをして畳を下りるのが柔道の作法のはずだ。そこでは、歓喜があふれ出そうになるのをぐっと抑え、礼を尽くして戦いを終える方がずっとかっこよく見える。近ごろは大相撲でもガッツポーズが時折とび出すが、これも土俵の雰囲気に似合わないことおびただしい。

 本当に劇的なシーンでなければ、ガッツポーズは輝かない。スポーツでは、プレーやパフォーマンスそのものがすべてを物語るのだ。何もつけ加える必要はない。 (佐藤次郎)

この論説に全面的に賛成です。スポーツに留まらず、自分の勝利・優位を誇示し、敗北・劣勢の相手を思いやらない態度、自分の勝利だけを単純に喜ぶという、貧しい人間性の表れとも言えるかも知れません。

これまでも取り上げて来た、過失に伴う事故の裁判などでも似たような状況が見られ、日本人の心が貧しくなって来たのを感じていました。スポーツにおいても形を変えて現れていると言えるのかも知れません。

そして一つ追加したいことがあります。スポーツのニュース等で使われる表現「くだす」をやめてもらいたいと、かねてから思っていました。色々な勝負があると思いますが、僅差で勝った時、大差で勝った時、それぞれにもっと敗れた側を思いやれる表現に変えられると思います。僅差なら「逃げ切った」「おさえた」大差なら「破った」「寄せつけず」などがあるでしょう。
「くだす」と言う表現をされた時に、敗者側が何か靴でふみつけられたような、こき下ろされたような印象を持つのは私だけでしょうか。

スポーツの敗者でも、過失の“加害者”でも、それらを踏みつけにするような考え方、表現には一考を求めたいと思っています。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

ouchan

お年寄りはだいたい「あさ○りゅう」をあまり褒めませんね。
勝ち誇った態度が・・・とおっしゃる方が多いようです。
特に武道では常に怪我と背中合わせですから、お互いに信頼し合ってはじめて試合が成り立つのだと教えてもらったことがあります。
自らの勝利を信じないといい試合にはなりませんが、目先の勝敗にこだわりすぎるのもどうかと思うときがあります。
審判の判定に食い下がるのも見ていてあまり美しい光景にはみえませんね。
by ouchan (2007-11-30 16:38) 

筍ENT

スポーツの勝負で“勝つ”ということの中に美学が欲しい、ということでしょうね。お年寄りのみならず、私もわかるような気がします。あ、私もお年寄りかも知れません(笑) 美学と信頼が求められるという点、同感です。

確かにご指摘の審判に食い下がる風景などは美しくはありませんね。

コメントありがとうございます。
by 筍ENT (2007-11-30 22:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。