So-net無料ブログ作成
検索選択

長生きする警官、早死にしそうな小児科医 [医療事故]

読売新聞 茨城・日立署で任意聴取中の男性が飛び降り死…窃盗容疑

日立警察署.jpg  22日午後8時55分ごろ、茨城県日立市本宮町の日立署で、窃盗事件で任意の事情聴取を受けていた大阪市のアルバイト男性(30)が4階トイレの窓から飛び降り、約5時間後に死亡した。

 発表によると、同日午後6時半ごろ、日立市内の携帯電話販売店から「系列店で盗まれた携帯電話が持ち込まれた」と通報があった。同署員が、持ち込んだ男性や仕事仲間の男性3人の計4人に任意同行を求め、午後8時半ごろから事情聴取していた。

 男性は聴取中に「トイレに行きたい」と言い出し、付き添った署員は外で待機していた。

 男性らが持ち込んだ携帯電話は盗まれたものと一致し、同署はほかの3人から事情を聴いている。男性らは高萩市の解体現場で働いていたらしい。

 同署の倉持孝久副署長は「任意の聴取中で、トイレの中まで付き添わなかったことに問題はない」と話している。

さきがけonTheWeb 窃盗の元巡査部長は起訴猶予 勤務中にパチンコ

秋田県警.jpg  秋田区検は22日、勤務中にパチンコをし、客がパチンコ台に忘れていった玉貸し用カードを盗んだとして、窃盗容疑で書類送致されていた県警組織犯罪対策課主任の元男性巡査部長(43)を起訴猶予処分とした。

 調べでは、元巡査部長は勤務時間中の3月21日午後2時ごろ、秋田市のパチンコ店でパチンコをし、男性客が台に挿入したまま忘れていった玉貸し用カード(残高7000円)を盗んだ。

 処分理由について同区検は「停職処分を受けて依願退職しており、社会的制裁を受けた。被害弁償も済み、起訴するまでの必要性がない」などとしている。

毎日新聞 小児科医の不起訴処分不当を議決 盛岡検察審査会

盛岡地検.jpg  盛岡市内の小児科医院で03年7月、医療ミスで乳児(当時8カ月)を死亡させたとして業務上過失致死容疑で書類送検された女性医師を、盛岡地検が今年2月に不起訴処分としたことに対し、盛岡検察審査会は15日付で「処分は不当」と議決した。

 議決によると、同医院に勤務する女性医師は、たばこを飲み込んだ乳児の胃に解毒のための液体を入れる治療をしようとした際、誤ってカテーテルを気道に挿入、気道が解毒液でふさがり窒息死させた。

 同審査会は議決で「カテーテルが胃に達したかどうかの確認方法に、医師の過失があったのではないか。再捜査を要望する」と判断した。

 乳児の母親が審査会に不服を申し立てていた。同地検の中川一人次席検事は「議決に基づき改めて厳正に捜査する。申立人の主張、不起訴理由についてのコメントは差し控える」と述べた。【狩野智彦】


4月のニュース記事を3本並べました。簡単に要約します。

警察のやることに間違いはない、何か不都合な結果が発生してもそれは警察の正当な職務の結果であり、何ら警官の為した業務に誤りはない。警察は何も反省する必要はない。

しかし、たまさか警察官が仕事をサボってパチンコをし、さらに窃盗を行っても、それは警察内での停職処分で十分。そして依願退職(きちんと退職金ももらって)となれば、その警官を刑事訴追することはない。

小児科医がタバコを飲み込んだ子供の処置で解毒剤を気道に入れてしまい、子供が死亡してしまった。検察は起訴はしないと決めた。しかし親がこの小児科医を逆恨みし、何が何でも刑事処罰を与えろと息巻く。どうやらタバコを間違って飲み込んだ子供に対する親としての管理責任は全くないらしい。


警察官は長生きする訳です。ストレスのない人生を楽しく歩めそうですね。仕事中気に入らない市民がいれば「オイコラ」。しょっぴいて署内で自殺してもお咎めは受けません。

そして警察官が仕事をサボッてもひとのものを盗んでも、極端にひどいことをしなければ自分たちがブタ箱行きになることはあまりなさそうです。

盛岡検察審査会の皆さんと、子供にタバコを誤飲させてしまった親御さん。あなたたちは二度と岩手県内の小児科に子供を連れて行かないで下さいね。小児科医療崩壊のお先棒担ぎのあなたたちに、岩手県内の医療問題を語る資格はありません。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

鶴亀松五郎

その後、岩手の小児科医の件は、再び検察が盛岡検察審査会の決定を翻して不起訴処分にしたことが報じられていましたから、少なくとも岩手での小児科医療崩壊にアクセルは掛からなかったと言えます。すくなくとも、現時点ではね。だって、小児科医に責任ないでしょ。この点では、岩手の検察はまともだった。

こういう類の、自己責任を忘れたバカ親の相手をしなければならない小児科医の先生方のご苦労をお察し申し上げます。
by 鶴亀松五郎 (2008-07-24 13:28) 

筍ENT

ご訪問ありがとうございます。

岩手の小児科の事件は、続報を見つけられないままになっていましたが、再度不起訴となりましたか。安心しました。情報ありがとうございます。
検察の常識を少しは信じて良いのでしょうか。

ご指摘の通りモンスター親の標的は学校だけでなく、小児科にも向いているようですね。小児科医は本当にたまったものではありません。

コメントありがとうございます。
by 筍ENT (2008-07-24 22:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。