So-net無料ブログ作成
検索選択

交通安全のために [車/バイク]

asahi.com 小6の声、市を動かす/通学路に安全策 /茨城

都和小前市道.jpg 危ない通学路を何とかして下さい――。今月4日にあった土浦市の子ども模擬議会で、市立都和(つわ)小学校の6年生の男子が一般質問で取り上げた。市は交通量が多く危険と判断。「放置できない」とすぐに歩道に防護さくを設けるなど、夏休み中に安全策を講じることを決めた。
 通学路は土浦市並木5丁目の都和小前を南北に走る幅6メートル、長さ約400メートルの市道。南に国道125号バイパスが走るほか、常磐道土浦北インターも近く、朝の登校時は特に車の往来が激しい。片側だけの歩道は実質1・3メートルしか幅がなく、大人だとすれ違うのがやっとだ。
 質問をしたのは清水彬仁(あやと)君(11)。「混雑してスムーズに登校できない」と思っていたので、自分一人で考えて質問通告書にまとめた。担任の教師も目を通したが、中核部分には筆を入れず、そのまま市に提出した。
都和小.JPG 質問通告書を事前に受け取った市は6月下旬に2回、現地を調査し改修を決めた。
 土浦署と協議の上、見通しの悪いカーブ2カ所に、高さ80センチ、長さ15~20メートルの鉄製防護さくを設置。歩道上にあるカーブミラーと速度違反や駐車禁止の道路標識を、幅、高さとも20センチの縁石の上に移設し、歩道を広く使えるようにする。歩道上に置かれたままの廃線となった旧バス停留所用のベンチも撤去する。
 また、新たな問題も発覚。市道とは別に、都和小前につながる東西にのびた市道約1キロは本来、登校時間の午前7時半~8時10分まで、車の進入は禁止となっていた。ところが、実際は車100台が入り込み、規制が守られていない実態も判明した。
 このため市は、既設の規制標識に加え、一目で歩行者専用道路とわかる案内板を数カ所設置する。これも清水君の一般質問の成果だ。
土浦市役所.jpg 市の青山良夫建設部長は「道路を拡幅するのが一番いいが、地権者も多く時間も費用もかかる。すぐ出来る改修をすることにした」と説明。清水君は「ぼくたちの居場所が少しでも安全になってくれればいい。質問してよかった」と喜んでいる。(長田寿夫)


小学生の意見が通り、学校前の市道の安全策が講じられました。良い話です。市と警察も柔軟な対応をしました。めでたし、めでたし。

そんな脳天気なことで良いのでしょうか。通学している小学生の声を聞きに行ってやっと、学校前の道路の危険性を察知し、夏休み中に工事を行うとのこと。これまで何をやっていたのでしょうか。

実際に事故が起きないと道路の改善も行われません。事故が起きたとしても、改善が行われるとは限りません。日頃から市も警察も、こうした交通安全に気配りをするべきではないでしょうか。

土浦警察署.jpg自治体の公園で遊具などの老朽化で事故が起きると、警察がフットワーク軽く動き出し、市町村等の職員の誰かを捕まえて、業過致死傷罪立件を目指し書類送検となります。道路でもいざ事故が起きると、当然のようにドライバーを捕まえて、運過致死傷罪立件、行政処分となります。
警察は他の記事にも繰り返し書いているように、個人の刑事責任追及にしか関心がありません。そういうシステムになっているので仕方ないのですが、全く以て非建設的な構造となっています。

この記事のように安全策が講じられるというのが、一番大切な事故予防の方策の一つです。それにしてもそれまでに運過致死傷罪で収監されたようなドライバーがいたとしたら浮かばれません。事故を誘発しかねない道路構造などはまず勘案されることなく、事故の全ての責任を押しつけられていたのですから。

小学校前だけでなく、本当の交通安全に真剣に取り組んで欲しいと思います。それは取り締まり強化でも、まして事故後の厳罰化でもありません。道路構造・交通環境の徹底した見直しです。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

連続婦女暴行魔 中島大士

愛媛県今治市波止浜169在住の中島大士(なかしまたいし)は暴走族今治連合に所属する暴走族です。
彼らは少女を車で拉致して暴行を加えては、写真を撮り、自分たちには関東連合がバックについていると言って脅します。
そして、被害者の周囲で執拗に暴走を繰り返し、恐怖を与えて口封じをし、再び暴行に現れます。
今治連合の暴走族中島大士に気を付けて下さい。
by 連続婦女暴行魔 中島大士 (2015-12-24 04:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。