So-net無料ブログ作成
検索選択

警察・刑務所の医療「拒否」過誤 [医療制度/行政]

asahi.com 不適切治療でまひと 国家賠償を求め提訴 /愛媛

 ◇松山刑務所服役の男性

松山刑務所.jpg 松山刑務所で服役中の男性(34)が髄膜炎の適切な治療やリハビリを受けられず、両足にまひが残ったなどとして、国に500万円の国家賠償を求めて高松地裁に提訴した。

 訴状によると、男性は05年5月、逮捕、勾留(こうりゅう)中の松山東署で痛みを訴え、病院から髄膜炎の疑いで手術が必要と指摘された。移送先の松山刑務所で頭や目の痛みを訴えたが適切な治療を受けられず、05年10月に手術し左足に障害が残ったと主張。さらに控訴審のため移った高松刑務所でも適切なリハビリを受けられなかったなどとしている。男性は07年9月に最高裁で上告を棄却され、強制わいせつ致傷罪で懲役3年の実刑が確定。先月10日に提訴し、現在車いすを利用している。

松山東警察署.jpg 松山刑務所の高橋広志総務部長は「裁判の中で事実関係を争っていくため、コメントは差し控えたい」 としている。


詳しい症状の病歴がないとわからないのですが、髄膜炎で手術が必要とされたとすると、髄膜内にとどまらず硬膜下水腫か膿瘍が発生し、排液や排膿が必要であった状態と考えられます。水腫が脳を圧迫するような状態が続くと、後遺症を残す危険が上がるものと思われます。

病院の医師がそうした治療が必要であると判断したにもかかわらず、警察や刑務所がそれを拒否したとすれば、由々しき事態であると考えます。
入院治療を阻止し、身柄拘束を続けたために、後遺症を残したとすれば、500万円の損賠請求は少なすぎるのではないでしょうか。

高松刑務所.JPGもし被疑者・受刑者でない人が、髄膜炎に対する処置に問題があり後遺症を残したとしたらどうでしょうか。病院を相手取って、一桁は違う損害賠諸を求めて提訴したであろうことは想像に難くありません。
裁判所は、「適切な治療が行われていれば後遺症を残さなかった高度の蓋然性が認められる」として、生涯の介護にかかる費用などを算入し、恐らく数千万~億単位の損害賠償を認めるのではないかと思われます。

一方被疑者・受刑者が適切な医療を受けることを拒み、こうした後遺症を負わされた者に対して、仮に全面勝訴しても500万円というのは、あまりにバランスを欠くと思います。

警察・刑務所の、被疑者・受刑者の健康管理についての「注意義務違反」はこんなに軽いのでしょうか。医療機関はこんな警察に医療過誤の疑いのかどで捜査されるいわれはありません。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

酷い事件です。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/80761

難病を患っている患者さんに対して十分な診察ができるはずもないのに、拘置所が外部診療を拒否しているようです。酷いですよね。根っこは一緒の事件だと思います。
by 酷い事件です。 (2009-03-04 19:20) 

筍ENT

ご訪問ありがとうございます。

富石弘輝君殺害事件は全国的にも有名になりましたが、ひとたび殺害した犯人が母親と言うことになると、マスコミに操作された世論は母親のかかえている難病について十分に考慮する姿勢を失ってしまっているかも知れません。
それに乗じてか、拘置所が外部診療を拒否することは決して許されません。どんな容疑者であろうと、受刑者であろうと、医療を受ける権利を奪うことはできないはずです。

ご指摘の通り、警察・刑務所のこうした人権蹂躙は厳しく糾弾されるべきものです。

コメントありがとうございます。

ご紹介頂いた西日本新聞のニュース記事、別の記事で取り上げさせて頂くかも知れません。
by 筍ENT (2009-03-04 19:58) 

コメントありがとうございます。

 コメントありがとうございます。酷い事件だと思いまして、記事を投稿いたしました。

 当然のことながら、新聞記事については私は著作権などありませんから、先生が取り上げたければ私の了承など関係なく取り上げられて結構です。

 周産期医療の問題など先生のブログでこれからも勉強させていただきます。

 
by コメントありがとうございます。 (2009-03-17 17:42) 

筍ENT

たびたびご訪問ありがとうございます。

私も産科・小児科などわからないところも多いのですが、気がついた人権蹂躙問題はなるべく取り上げて行きたいと思っています。

日本は仇討ち・浪花節文化で、ひとたび悪者扱いされた人の人権の扱いは本当にお寒い限りです。

また色々教えて下さい。コメントありがとうございます。
by 筍ENT (2009-03-17 21:36) 

こんなものも見つけちゃいました。

いやはや、言葉もでません。この国は法治国家なのでしょうか。

これ完全に状況を悪化させてますよね・・・。

http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY200903170180.html
by こんなものも見つけちゃいました。 (2009-03-18 09:53) 

筍ENT

ご訪問ありがとうございます。

実はこの記事私も既に見せて頂きました。取り上げようと思ったのですが、拘留に関わる法律を詳しく知らないので、批判/コメントが難しそうに思い、本文記事には取り上げずにいました。

実際拘留して、精神科的治療もろくに受けさせないというのは、人権蹂躙も甚だしいと思います。
きちんと治療を受けさせるべきですよね。

ご指摘ありがとうございます。
by 筍ENT (2009-03-18 11:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。