So-net無料ブログ作成
検索選択

医療事故?警察の暴走 [医療事故]

共同通信 眼科医を書類送検 福井・敦賀の男性死亡

敦賀市立敦賀病院.jpg 福井県警は23日までに、2004年に同県敦賀市の市立敦賀病院に搬送された男性患者に適切な治療をせず、この患者が死亡したとして、業務上過失致死容疑で病院の当直だった眼科の男性医師(35)を書類送検した。

 調べでは04年6月5日、敦賀市内の暴行事件で負傷した無職石橋勉(いしばし・つとむ)さん=当時(61)=が病院に運ばれた際、骨折した肋骨(ろっこつ)が肺に突き刺さっていたにもかかわらず、男性医師は、エックス線撮影で確認できず、適切な治療をしなかった疑い。石橋さんは2日後に肺挫傷で死亡した。

 敦賀病院によると、医師は04年4月から05年6月まで眼科医として勤務。現在は金沢市内の病院に移ったという。


信じがたいニュース記事です。
そもそもなぜ眼科医が胸部の外傷を診る羽目になったのかよくわかりません。ただ、都内の病院でもあるのですが、第二外科とか混合系などという当直系列を作り、その中に眼科・耳鼻科・皮膚科・形成外科・泌尿器科・放射線科などのいわゆるマイナー科が参加していることがあります。
肋骨骨折.jpg原則として自分の科の領域の救急患者を診るのですが、とりあえず診てくれ、ということで専門外の患者を診ることになるケースもない訳ではないのかも知れません。

そして眼科医が胸部X線上の肋骨骨折を診断できず、その後患者が不幸な転帰をたどってしまったと言うことです。結果責任を問うのであれば、誤診による業過致死罪の容疑ということになるのでしょう。
しかし警察には常識というものがないのでしょうか。おそらく専門外でも可能な限り、担ぎ込まれた急患に対応してやろうと考えた眼科医を書類送検、です。福島県立大野病院事件以後、こうした警察の態度がいかに医療崩壊を促進して来たか、未だに反省がないようです。

まさかとは思いますが、検察がこの眼科医を起訴するような愚行に走らぬことを祈るばかりです。
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 3

ふじくろ

niceありがとうございました。
もし、
専門外なので診れない....と断れば、世間から批判される。
専門でないのでエックス線撮影で確認できず残念な結果になれば....世間から批判される。
どちらにしても批判されるのなら、悲しいことだと思いました。
でもたぶん、そう思われる方ばかりではないと思っています。(^^)
by ふじくろ (2009-05-05 01:16) 

本日も休養中

警察もメディアも病院以前に、肋骨が折れるほどの暴行を働いた人はどうでもいいのですかね。
by 本日も休養中 (2009-05-05 07:43) 

筍ENT

ふじくろさん、本日も休養中さん、ご訪問ありがとうございます。

ご指摘の通り、診て正しい診断に至らなければそれを、そして診察を断ればそれも批判されます。
ただ、後者は一応医師法上断れないことにもなっているので、患者さん側には専門外の医師が診ることを承知して欲しいと思います。

そして、暴行を働いた加害者の問題、私もいつもだとそれを持ち出すのですが、書くのを忘れていました。
こうした傷害事件の加害者、事故の場合はその原因、疾患の場合はその原因(病原体、癌、その他‥)が、患者さんの命を最終的に奪ったり障碍を残すこととなるのです。しかし医療行為に一点でも問題があれば、医師が糾弾されます。

今回の記事は刑事上の問題ですが、民事裁判になった場合には、ご指摘の点をよく考えて欲しいですね。

コメントありがとうございました。
by 筍ENT (2009-05-05 18:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。