So-net無料ブログ作成
検索選択

学校プールの事故と、教諭吊し上げ [医療事故]

時事通信 プールで飛び込み生徒死亡=レスリング部顧問を書類送検-福島県警

福島県立大沼高校プール.jpg 福島県会津美里町の県立大沼高校で昨年6月、レスリング部員の1年の男子生徒=当時(16)=がプールに飛び込み、底に頭を強打して死亡する事故があり、県警会津美里署は6日、指導監督が不十分だったとして、業務上過失致死容疑で、同部顧問の男性教諭(39)を福島地検会津若松支部に書類送検した。
 調べによると、教諭は昨年6月10日午後5時20分ごろ、男子生徒がプール(水深1.2~1.3メートル)のスタート台から飛び込んだ際、十分な安全指導や対策を怠り、底に頭を打ち付け、脊髄(せきずい)の一部を損傷させるなどして、6日後に死なせた疑い。
 当時、部員10人が練習に参加。クールダウンでプールを使用していた。教諭は1人で監督に当たっていた。


これも、またか、という記事です。プールで不幸な事故が起きた。生徒が頚髄損傷を引き起こし、死亡してしまった。どうすればこういう事故を今後引き起こさないようにできるか。しかしその前に誰かが悪いはずだ、そうだ部活顧問の教諭を刑事訴追しよう、そう見えます。

福島県警会津美里警察署.jpg高飛び込みではありません。普通のスタート台から飛び込んで、プール底に頭を打つことを誰が予想したでしょうか。
同じようなプールは全国至る所にあるはずです。同じような事故が起きる可能性もあります。

この高校の、しかもレスリング部の顧問教諭だけをつるし上げて何も解決しません。学校のプール、公営プール、競技場のプール、全てのプールにおいて、広く全国的に、飛び込む時はどのようにするのか、飛び込みを指導するにはどのように行うか、その他どんな注意が必要か、周知する必要があります。
この犠牲となった高校生の死を、本当に無駄にしないためには、そうした運動が必要なのであって、この教諭を業過致死罪で立件、吊し上げることに何の意味があるのか、甚だ疑問があります。

やはり不毛だと思います。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。