So-net無料ブログ作成
検索選択
その他(一般) ブログトップ

大麻 [その他(一般)]

毎日新聞 <大相撲大麻疑惑>再聴取、見通し厳しく…警視庁

露鵬白露山.JPG 警視庁組織犯罪対策5課は、解雇された元幕内と元十両の兄弟力士、露鵬(28)と白露山(26)について近く大麻取締法違反(所持)容疑で再聴取し、関係者らからも事情を聴く方針だが、立件の見通しは厳しいのが実情だ。

 壁は大麻取締法の規定だ。所持や栽培、譲渡は禁じられているが、使用についての罰則はない。警視庁は2日、所持を裏付けようと2人の所属部屋など関係先を家宅捜索したが、大麻は見つからなかった。

 捜査幹部は「大麻使用の前提として所持していた可能性は高いと思う。ただ、大麻そのものが見つからない以上、現行の法律では強制捜査は難しい」と話す。

 こうした現状について、厚生労働省監視指導・麻薬対策課は「規制が難しいのは、自分で使用したか、副流煙を吸い込んだかを区別する明確な基準がないためだ。使用で摘発した場合に冤罪(えんざい)を生み出す恐れがある」と説明する。

 しかし、捜査現場には自己使用と副流煙の際の検出量は明らかに違うという意見が支配的だ。捜査幹部は「大麻をきっかけに作用の強い覚せい剤などを始める人も多い。使用にも早急に罰則を設けるべきだ」と話した。【武内亮】


大麻.jpg9月上旬のニュース記事です。
悪法も法なり、です。大麻取締法がどう悪法であるかは、色々な意見があります。そもそもアメリカの州によっては認められているマリファナを、日本では必要以上に規制しているという意見、実際に肉体依存は形成されず、飲酒や喫煙より害は少ないという見方‥。

一方で、ニュース記事にあるような覚醒剤へのステップになる可能性を説いて、むしろ大麻摂取そのものは取り締まれない現行法が甘いとする向きもあります。

いずれの立場からも、中途半端な法律となっています。
しかし法が定めている以上、所持を証明できない大麻吸引のみで容疑者を立件しようとするのは間違っています。立件先にありき、それを阻む法が悪い。‥これはとんでもない考え方です。覚醒剤と違う扱いになっているのにはそれなりの理由がある筈です。

ともかく検挙したいという方向である警察の「‥早急に罰則を設けるべきだ」という発言に耳を貸してはなりません。警察の最大の目的は容疑者を刑事立件することにのみあります。

そうではなくて、大麻がいけないのは、法律があるから、ではなくて、逆に大麻取締法を改正するのなら、どのような害があり、どのように他人に迷惑をかけるか、精神・肉体依存の形成はどうか、そういうことをよく検討すべきでしょう。
害があるのなら、それを広く啓蒙することに力を注ぐべきです。
また、科学的根拠が十分でないとしたら、本来それを元に誰かを刑事被告にすべきでないし、増して厳罰化などとんでもありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

厳罰のためには加害者を黙らせろ [その他(一般)]

時事通信 被害者の裁判参加「導入慎重に」=交通事故遺族ら国に要請

 犯罪被害者が刑事裁判で被告への直接質問や求刑をすることができる「被害者参加制度」について、交通事故で8歳の息子を亡くした片山徒有さん(50)らが7日、慎重に議論を尽くして裁判員制度開始後に導入するよう法務省に申し入れた。
 記者会見した片山さんは「加害者が被害者からの質問に、損害賠償請求を予想し、被害者の落ち度を述べるといった二次被害を受ける可能性がある制度設計だ。このままでは、導入に賛成できない」と指摘。このほか、被害者を支援する弁護士の国費負担制度や捜査情報の十分な提供の仕組みづくりが必要とした。



よくわからない記事です。
タイトルだけ見た時は、被害者側からも、私がかねてから主張して来たように、判決が感情に流されることへの疑問が出されたのかと思い、少し期待しました。
しかし、記事の内容を見て、がっかりしたのと同時に、この発言に誰も疑問を呈しないのか、危機感を持ちました。

加害者が被害者の落ち度を述べることを「二次被害」と述べています。これは非常に一方的な考え方です。裁判は公正でなければなりません。どんな事件でも被害者に何らかの落ち度があれば、加害者の罪はその分減じ、量刑は斟酌されるべきでしょう。これを加害者が述べることを封じ込めようということでしょうか。

殺人事件であっても、正当防衛に近い状況があるかも知れません。業務上過失致死であっても、交通事故のように一方的にどちらかに100%の責任を負わせることが少ないものもあります。こうした状況に一切蓋をして、“加害者”にせいいっぱい思い罪を負わせ、最大の量刑を科すことばかり考えてはいないでしょうか。

私は個人的には被害者の裁判参加も、裁判員制度にも反対です。裁判、特に刑事裁判というものは、被害者や周囲の感情に流されず、公正に法に則って行われるべきものだと考えています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

軍靴、国会へ乗り入れ [その他(一般)]

毎日新聞 自民党 「ひげの隊長」佐藤1等陸佐を参院選の公認候補に

 陸上自衛隊のイラク派遣で第1次復興業務支援隊長を務めた佐藤正久1等陸佐(46)が、今夏の参院選比例代表の自民党公認候補として立候補する。関係者によると、佐藤氏は11日付で自衛隊を依願退職し、自民党が近く正式に公認を発表する見通し。佐藤氏は6日、毎日新聞の取材に「(参院選出馬を)前向きに考えている」と語った。  佐藤氏はイラク・サマワ入りした陸自先遣隊を率い、現地で「ひげの隊長」と親しまれた。現在は陸自目黒幹部学校の主任教官を務めている。

形式的には自衛隊を退職していますが、これも第二次大戦前と同じ、制服組が立法府に入って来るということです。
これを伝える毎日新聞も何もコメントしません。
本当にこんなことを続けるのでしょうか。そんなに軍拡に向けて猪突猛進で良いのでしょうか。

こうした潮流がもう確たるものとなってしまうと、徴兵制がしかれ、現代版赤紙が届いた時にはもう遅いと思うのですが。自分が、或いは自分の子どもたちが戦場に連れて行かれることに対する想像力の欠如がこうした事態を招いていると思います。

平和放棄、戦争主義への舵取りを修正するのに、まだ間に合うと信じます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

追悼 青島幸男 [その他(一般)]

世代によって、放送作家としての青島幸男、いじわるばあさんを演じた青島幸男、そして都知事としての‥と、イメージが少しずつ違うようです。

私としては、官僚出身石原信雄を破って都知事選に当選した時以来の彼が一番記憶に残っています。

当選した時万歳をする彼の顔は、喜びというより、当惑にしか見えませんでした。本人はまさか当選するとは思っていなかった、という風に見えました。
確かに臨海新都心の世界都市博中止を公約通り中止させたのですが、それ以外には大した実績を残さなかったのは事実のようです。
むしろ新宿だったか、東京都が道路整備のためにホームレスを強制退去させた経緯もあり、これを青島がやめさせなかったのかと疑問に思っていました。

政治家としての評判は必ずしも高くなかったようですが、それでも、65~69歳の東京都独自の医療費助成(マル福)をやめさせたり、自分の身内を都の公費で出張させたり、障害者に向かって心ない言葉を吐いたり、自衛隊の訓練に率先して出かけたり、女性に対して差別的発言をしたり、‥ということはありませんでした。

リーダーシップとしてのインパクトは今一つで、むしろ都の役人のいいなりになってしまった印象ですが、少なくともひどい知事、ということはありませんでした。

その後国政選挙で当選を果たせずにいましたが、もう一度野党の立場から政権を厳しく批判して欲しかったと思っていました。

残念に思っています。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

大久保通り [その他(一般)]

以前CDを借りまくりに、都内の図書館をあちこち回っていたことがありました。新宿区の場合は、CDを所蔵する図書館が、中央、四谷、角筈、戸山、そして大久保図書館です。
大久保図書館のある大久保通りの、新大久保駅より東側は韓国パワーにあふれています。街はハングル語の店があり、日曜ともなると日本語に続いてハングルで商店街のアナウンスが流れています。
焼肉など韓国料理の本場の味が楽しめる店がいくつかあるのだろうと思います。情報収集して入ってみたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新天地に越して来ました [その他(一般)]

m3.comでブログを書いていました。
そこでは画像容量が小さく、ついに画像アップができなくなってしまいました。
そのため、本ブログに進出して来ました。
よろしくお願い致します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
その他(一般) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。